着用の仕方

ベビースリングの使い方でまず着用の仕方ですが、ベビースリングをリングに通し、リング部分をセットする肩の手で持ち、リングの部分を持ったまま反対の腕からスリングを通し、頭を通して、肩(肩の骨の上)にセットします。肩の上にセットするまで手はリングから離さないで下さい。


そして、ベビースリングの使い方の特に大きな注意として、肩の部分は肩骨の真上にくるようにリングは、下すぎないように。首に近いと肩の筋で支えるようになるので、肩が凝りやすくなるという点があるので、着用する際には気をつけるようにして頂ければかなりの凝りの軽減に繋がります。



そして、次にベビーを入れた時を想定し、テールの長さ、ポーチの広さを調節してから、ポーチ部分をしっかり広げれば、準備は完了です。ポーチの一番下の部分がおへそより上になるように調節して下さい。これで、大まかなベビースリングの使い方は終了となります。



また、どうしてもテキストだけでは使い方がわからないと言う人は、ショッピングセンターで店員にベビースリングの使い方を聞くというのもありです。最近では、人気の為取り揃えている店も多く、また、簡単な使用方法については良いアドバイスをくれる事でしょう。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44603266

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。