水平抱き

ベビースリングの使い方で水平抱きの場合、

1.内側のレールを胸の下を這わすようにリング側に引っ張り、脇で固定します。

2.外側のレールを外側に大きく回すように引っ張りリングと反対の脇に引っ張ります。こうすると、ポーチ部分の布を斜めに使えるようになります。


このようにポーチ部分を整えた後、ベビーをリングと反対側の手に(片手で抱え、脚は軽く組み(Wになるように)お尻からスリングに入れます。ママの肘もすっぽりと入れて下さい。これが、主なベビースリングの水平抱きの使い方です。コツさえ覚えれば直に出来るので、最初はゆっくりでもいいので少しずつ上手く出来るようになりましょう。



また、少しベビースリングの水平抱きの使い方に慣れてきたら、片手でベビーを持ち、お尻から入れるようにして、スリングの中に入れます。ポーチの中に入れたら、反対側の手で、ベビーのお尻を(バトンタッチするようにスリングの一番深い部分へ整えますと言う点も出来るように努力しましょう。そうすると、より綺麗に上手く利用する事が出来ます。



しかし、コメントだけでは使い方がわからなかったと言う人は、ショッピングセンターで店員にベビースリングの使い方を聞くというのも賢い手です。最近では、人気の為取り揃えている店も多く、また、簡単な使用方法については細かいアドバイスをくれる事でしょう。





着用の仕方

ベビースリングの使い方でまず着用の仕方ですが、ベビースリングをリングに通し、リング部分をセットする肩の手で持ち、リングの部分を持ったまま反対の腕からスリングを通し、頭を通して、肩(肩の骨の上)にセットします。肩の上にセットするまで手はリングから離さないで下さい。


そして、ベビースリングの使い方の特に大きな注意として、肩の部分は肩骨の真上にくるようにリングは、下すぎないように。首に近いと肩の筋で支えるようになるので、肩が凝りやすくなるという点があるので、着用する際には気をつけるようにして頂ければかなりの凝りの軽減に繋がります。



そして、次にベビーを入れた時を想定し、テールの長さ、ポーチの広さを調節してから、ポーチ部分をしっかり広げれば、準備は完了です。ポーチの一番下の部分がおへそより上になるように調節して下さい。これで、大まかなベビースリングの使い方は終了となります。



また、どうしてもテキストだけでは使い方がわからないと言う人は、ショッピングセンターで店員にベビースリングの使い方を聞くというのもありです。最近では、人気の為取り揃えている店も多く、また、簡単な使用方法については良いアドバイスをくれる事でしょう。






幼児にも楽な姿勢

リュック式の幼児を背負うタイプって、肩に重みがズシーンと来て最終的には肩凝りなどを発症させます。なので、この機にベビースリングに変えてみてはどうですか?ベビースリングなら、簡単な使い方なので覚えやすく、そして、幼児にも楽な姿勢でいてもらえます。



しかも、ベビースリングは微調整の仕方(使い方)が簡単です。リングを緩めたりきつくしたりで、幼児と自分が楽な姿勢を作るだけでいいので、しかも、幼児に自由なスペースをそこそこ提供できるので、リュックで背負っている時のような不快感もかなり軽減する事が可能です。




また、ベビースリングは使い方が簡単なだけでなく、価格も安いのでオススメです。なので、ショッピングでそろそろスリングを考えていると言う方は、店員にオススメを聞いてみてはどうでしょうか?最近では知られているベビースリングなので良い情報がもらえるかもしれません。




またベビースリングの使い方は、先ほど記述した人気の通り、多数のサイトでその使い方が紹介されています。中には、イラスト付きで細かく使い方を記しているサイトもありますので、是非探して見て下さい。ベビースリングは、上手く使えば本当に疲労を軽減してくれるのでオススメです。

ベビースリングの微調整の仕方

幼児を担ぐ為に使う物で、ベビースリングと言う物があります。基本的な使い方としては、あまり前屈みにならないように、リングを緩ませたりして、持ちやすいように工夫するというのが主な使い方です。また、使い方が上手くないと肩凝りの原因にもなるので、微調整しましょう。



ベビースリングの微調整の仕方(使い方)は簡単です。それは、ベビースリングについている、布を固定しているリングを持って、少し緩ませたり締めたりすると言うだけです。また、この商品は現在人気の影響もあり、大半の店に並んでいますので、店員に聞くという手もありです。



また、ベビースリングには大きな袋のタイプもあれば、小さな袋のタイプもあるので、そちらは、ベビースリングに入れる幼児のサイズと相談となります。また、ベビースリングの価格ですが安いものであれば、2,000円もしない物がほとんどなので、気軽に購入出来、1日もあれば使い方は大まかにマスター出来るのでオススメです。



また、ベビースリングの使い方でもっとも気をつけなければいけないのが、幼児をスッポリ納める事が出来ているかです。中には、幼児が動くと少しずつズレてきて危険な使い方をしている人がいます。最悪、転落の危険性もあるので使用の際にはこの点は特に注意して下さい。









使い方 とっても簡単

幼児を、肩に縛ってショッピングをする姿が一時期ではよくありました。ですが、最近では布の上に幼児を置いて担ぐようにする「ベビースリング」というのが人気です。また、使い方ですが至ってシンプルで、前述の肩に縛る方法のほとんど逆となるだけと解釈して頂ければと思います。


そして、ベビースリングが人気の訳は、使い方が「とっても簡単」という点にあります。何と、みのの様な袋に幼児を収納したら後は、自分が使いやすいようにリングを利用して微調整を図るだけとなっています。しかも、調整はフレアーテール・ベルトテールと呼ばれている部分をどれだけ出すかというだけです。



なので、ベビースリングの使い方は、フレアーテールだと締めたい部分の延長上に当たるテールを、平行に引くと良いです。そうすると、緩ませたり締めたり出来るので、自分にも幼児にも優しいベビースリングを維持できます。また、フレアーテールというのは大抵は商品購入時に教えて貰えるので聞くようにしましょう。



そして、ベビースリングの使い方で、ベルトテールですが、こちらは縫い合わされていない部分を、つまみ出すように引く(バブリング)ようにして調整します。勿論、こちらも先ほどのフレアーテールのように店員やショッピングサイトでは説明して貰えるので、確認するようにしましょう。





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。